東京神楽坂|水素サロン・ヒュゲイア

水素酸素吸入、エネルギー療法のことなど… サロンからの情報もお知らせします。

健康のために体を温かくしておくこと~講演会に参加しました

「体温を上げるだけで脳と心が元気になる」という演目に惹かれ、

先日、東京有明医療大学教授の川嶋朗先生の講演会に参加してきました。

 

現代は予防医学への関心が高まり、その重要性も認識されてきていることから、

健康でいるために自分でできることとして

体を冷やさないようにすること、

普段から体を温かくしておくことの大切さをお話くださいました。

私たちがメモをとった中の一部分を記述します。

 

 

現代に生きる私たちは、

・冷たいものの過剰摂取

・エアコンの常用

・薄着 ※特に若い女性

・運動不足による筋肉量の低下

・ストレス  

などによって体の冷えている人が多いそうです。

平均体温は60年前と比べると0.7度くらい低く、

冷蔵庫やエアコンの普及、ライフスタイルの変化などが大きく関わっているようです。

 

 

冷えは万病の元 とはよく耳にしますが、

体温が低いと血液の温度も低くなり、血の巡りに影響が出て

有害物質の排出がスムーズでなくなったり、

酸素や栄養素が細胞に十分に行きわたらず

細胞の活性化が下がるとのこと。

また、体温が低いことで体内の酵素反応は鈍くなって

免疫力や代謝力がおち、生活習慣病やうつ、

不妊症などへとつながっていくとのお話でした。

肩こりやめまいも血の巡りの問題から来ているそうです。

 

日常生活に手軽に取り入れられる冷え対策として

・体を温める食材を摂る

・冷たいものを摂らない

・よく噛む

・適度な運動

・早寝早起き

・冷やさない服装

・湯たんぽや温熱シートの利用

・正しい入浴  

などを挙げられていました。

正しい入浴として微温浴を勧められていました。

 

*微温浴とは37℃~39℃のぬるめのお湯に入浴すること。

副交感神経が優位になるのでストレス解消や疲労回復、血管の拡張を促し、

リラックス効果の高い体の芯から温まる入浴法です。

 

この他にも脳と心の関りなど、時間を目一杯使われてのお話に、

体温と血巡りのつながりや

体を温かくしておくことの大切さなど再認識できたことから、

ヒュゲイアで提供しています水素足湯の良さを

改めて確認することができました。

水素足湯は足元から体が温まりますので、

冷え対策の一つとしてご活用いただけると思います。

 

f:id:hygieia:20180208175706j:plain

 

足元から体を温めることのメリットや冷えのデメリットについては

ブログ内水素足湯の記事でもご紹介していますのでご覧ください。

 

 

水素吸入、水素足湯は日常生活の中に手軽に取り入れられるケアです。

健康を支えるサポートの一つにぜひご利用ください。

 

吸入を継続されているお客様の感想はこちらから。

ご自身の体調や目的にあわせて参考にされてください

 

 水素酸素吸入、水素足湯の ご予約はこちらからどうぞ。

 

 

 

「頭髪が増えました」

家庭用に適したコンパクトサイズの水素発生器で

ご自宅での吸入を毎日続けられて約一年が経過された

70代女性のお客様からいただいた感想をご紹介します。

 

 

f:id:hygieia:20180419134908j:plain

 

健康維持を目的にご購入され、半年ほど前にもこのような感想

送ってくださっていました。

「疲れにくくなった(歩ける)」

「毛髪が太くなっているような気がする」

とおっしゃっていた半年前から更に健康度があがり、

体力にも自信がついたそうです。

そういったお話を伺えることは、私たちスタッフにも嬉しい限りです。

 

感想にあります頭髪につきましては、

サロンのオープン当初に行っていた

ひと月吸い放題キャンペーンで(現在は行っておりません)

ひと月に複数回吸入に来られたお客様の中にも

「白髪になるまでの期間が長くなった」期間中14日吸入

「髪の毛がパサつかなくなった」期間中9日吸入

などの感想をいただいております。

 

ご自身の髪のケアに水素吸入をと考えている方は

吸入頻度の目安にしていただければと思います。

 

紫外線が気になるこれからの季節、

紫外線を多く浴びることは有害な活性酸素が増える要因の一つです。

紫外線にさらされやすい頭皮や肌、目のケアとしても

水素酸素吸入をご利用ください。

 

吸入や水素足湯のご予約はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

水素足湯と体のバランス

先月から始めました水素足湯は、おかげさまで好評をいただいております。

 

足湯については何冊かの書籍を参考にしているのですが、

その中の一冊、『足を温めると健康になる』という本に

足湯の「効果を高めるためにぜひやってみてほしいこと」として

面白い方法が載っていましたので、ご紹介します。

 

体温計を2本用意し、左右のワキに1本ずつ挟みます。

左右で温度が違う場合は、体のバランスが悪い状態です。

その場合は、低い温度の側と同じ側の足を長く温めましょう。

左右の温度差をなくすことで、骨盤のズレが調整できます。

(吉田佳代 「足を温めると健康になる」あき出版 2015年 70頁)

 

この本を読むまでは、左右同時に体温を計るという発想自体がなかったのですが

セルフチェックの一つになるのではないかと考え、

サロンでも体温計を2本用意しました。

 

体温の左右差については調べたところ、誰でも多少の差はあるようですので

一つの目安として、水素足湯や水素酸素吸入の前後に体温を計ってみてください。

また、冷えと骨盤の歪みは関係している場合もあるようですので

ご紹介した上記の方法を試してみたい方は、お気軽にスタッフにお声がけください。

書籍を閲覧用に用意してあります。

 

f:id:hygieia:20180325144346j:plain

 

骨盤については、水素足湯を続けている私たちスタッフの感想としては

骨盤が緩んでいく感覚があり、立ち方や歩き方が軽やかになっているように思います。

もちろん個人差はあることですが、

このように回数を重ねていくことで期待できることもありますので

足や下半身に悩みのある方は、ぜひ水素足湯を試してみてください。

5回の水素足湯で500円割引になるポイントカードもご用意しています。

 

足湯の良さ+水素の良さについてはこちらの記事もご覧ください。

 

水素酸素吸入、水素足湯のご予約はこちらからどうぞ。

 

 

「足から全身が温まりました」水素足湯の感想から

「水素足湯」をご利用されたお客様から頂いた感想です。

 

f:id:hygieia:20180306105426j:plain

 

 そのほか、

・足が軽くなりました

・足が温かくなりました

・足湯の後も足の温かさが持続する

・翌日も足が温かかった

などの感想をいただいています。

 

女性では特に冷えを自覚されている方は多いと思います。

また、自覚のない方でも足元は冷えている方が多いようです。

 

足元や体が冷えていることによるデメリットは多々あり、

・血行が悪くなる→

肩こり、頭痛、腹痛、各細胞への栄養・酸素不足、老廃物の蓄積

 

・体内酵素の働きが低下する→

免疫力や代謝機能の低下

など、足元や体の冷えは健康に大きく影響します。

 

現代では足元や体は冷えているのに

頭部に気や血が上っている「頭熱足寒」の状態の人が増えているようです。

体を健康に保つうえで言われているのは「頭寒足熱」で、

頭部は “のぼせ” や “ほてり” などを引き起こさないように涼しくし、

下半身は冷えを防ぐために温かくすることです。

「頭熱足寒」とはこれとは逆で、

頭部は “のぼせ” や “ほてり” を起こしているのに、下半身は冷えている状態です。

頭部には体温調節機能があるのですが

頭部に熱がある状態では、体の冷えに対して適切な判断ができなくなってしまいます。

 

「頭熱」は外的な要因だけではなく、

頭の使いすぎや、過度な緊張・ストレスで神経が高ぶって

頭部に気や血液が上ることでも起こります。

頭がいっぱいのような状態や

頭がボーっとしている状態も

これにあてはまると思います。

 

頭部を温めず下半身のみを温める足湯は

とても優れた健康法と言えます。

 

足湯で足元から体を温めることのメリットは

こちらでもご紹介しましたが

体内の巡りをよくして、上半身と下半身のバランスを整えてくれます。

さらにヒュゲイアでは、水素足湯と同時に水素吸入をご提供しますので

鼻から吸入した水素が頭部に取り込まれて

頭部の巡りをサポートすることが期待できます。

 

ご自身の健康を保ち、良好な状態へと促すためのサポートの一つに

水素酸素吸入、水素足湯をぜひご利用ください。


ご予約はこちらから。

 

 

 

「本当に出会えてよかったです」

ご家庭で使用できるサイズの水素発生器をご購入されて約半年、

一週間に2~3回の吸入を継続されている、

50代女性のお客様からいただきました感想をご紹介します。

f:id:hygieia:20180211153008j:plain

箇条書きで、わかりやすく感想を伝えてくださいました。

 

肌、排尿・排便、睡眠、食欲、肝機能、精神面と多岐にわたって

水素酸素吸入のサポートが健康を促した様子がうかがえます。

 

私たちの体は約60兆個(一説には約37兆個)の細胞でできています。

関連する細胞が集まって組織をつくり、組織が集まって器官となり

私たちの体は成り立っています。

 

呼吸をすること、物を食べること、運動をすることなど

体を動かして活動をするためにも

また体を休めて修復するためにも

エネルギーは必要です。

 

こうした生命維持に必要なエネルギーは一つ一つの細胞が作っていますが、

その過程で活性酸素も発生してしまいます。

加えて、紫外線や電磁波、化学物質、大気汚染、喫煙、食生活の乱れ、過度の飲酒など

現代は活性酸素がより発生する要因も多く、

体内の抗酸化力だけでは補いきれずに、活性酸素が過剰となりやすくなっています。

 

水素は体に必要な活性酸素とは反応をせず、体にとって有害な活性酸素ヒドロキシラジ

カルと選択的に結びつき無害な水へと変える作用があります。

 

水素酸素吸入で体に水素を取り入れることは、細胞が活性酸素によって酸化されること

を防ぎ、細胞本来の働きが活性化されることをサポートします。

そして、細胞一つ一つが元気になるということは健康になることにつながります。

 

水素酸素吸入をご自身の体を健康に保っていくためのサポートとして

ぜひ定期的にご利用ください。

ご予約はこちらから。